駆け込み訴え

ジャニヲタ腐女子の観劇メモ

関数ドミノ

f:id:hmghsi:20171006004700j:plain

10月5日、関数ドミノに行ってきました。

観劇後ここまで暗い気持ちになったのはひさしぶり。前川さんの作品だから、と笑いにいくつもりでいたら終始胃がいたくて重苦しい気分で観劇後はぐったりでした。でもやっぱり設定ストーリー話の構成すべてがおもしろい。
演出、演技は全体的に暗く感じました。BGMもかなりおさえめ。照明はブラインドによって顔に影ができているところや、街灯のような斜め上からさすぼんやりとした光が印象的でした。
そして、舞台上には大破した車。

真壁を演じる瀬戸くんの演技が圧巻でした。神経質そうに自分の首や胸元、うでをかいているのがとても気持ち悪くて、同時に現実の人間の癖のように感じるくらいリアルでした。あの瀬戸くんのかわいらしい天使のような顔が真壁の卑屈さ、嫌らしさを映して醜く歪むのが本当にぞっとするほどおそろしい。
いらいらして周りに当たるところや、自分に感謝するよう言うところ、そういうところが本当に痛々しくて、見ていてつらいし厳しい。まるで自分が怒鳴られてるみたいに感じるような演技でした。
真壁のことは最後まで好きになれないのに、真壁という不安定なトロッコから観客は降りることはできない。劇中人物が何度も言及するようにまずは真壁を信じないとストーリーは展開していかないのです。そして何度も繰り返されるその言葉はラストの展開にもつながっている。
「ドミノ」の存在を証明したいと考えている真壁こそが「ドミノ」であり、その真壁の望みこそが現実ではありえない現象を起こしていた。真壁は自分に起こった不運すべてを「ドミノ」のせいにしている。真壁は自分の弱さから逃避し、ドミノ幻想(劇中で診断のつく症状)にとらわれている。しかし、自分こそがその「ドミノ」であり、真壁は自分にできたはずの望み、可能性すべてを自らのそのドミノ幻想によって打ち捨てていた。

ここの話の展開が本当におもしろい。

「ドミノ」を信じるからこそ真壁は奇跡を起こせるが、しかしそれは自分が「ドミノ」として望みを叶えるためでなく「ドミノ」という他者に自分の弱さを押し付けるためだった。だから「ドミノ」の力で傷つけた秋山を真壁は救えない。自分が「ドミノ」であるという現実を受け入れられない、「ドミノ」であるのに何もできなかった自分を受け入れられない真壁には何もできない。
劇中何度も繰り返される「他人の気持ちはあなたにはわからない」、いかにもその通りで森魚の望む通りに現実は動いているようですべては真壁の望む通りだった。森魚にとって田宮こそが本当の友達で別に泉のことは好きではなかったのかもしれない。劇中真壁は土呂の森魚への友情は「ドミノ」である森魚の力によるものではないかと言うが、それも本当の友情なのかもしれない。
そしてそれを全部ぶちこわす真壁。
劇中森魚の部屋に盗聴器をしかけ森魚を監視し、同時に無自覚とはいえ森魚の周りを自分の思うまま動かしている真壁は本当に悪趣味だけどまさに神様とも言えますね。

本当に重苦しく、つらい気持ちになる芝居でした。見てて疲れました……。
土呂を演じる山田悠介さんの演技はとてもかわいらしかったです。HIV患者であり切羽詰まってるはずなのにどこか抜けてて、でも途中森魚を神様のように信じ出すところはおそろしかった。狂信者こわいね。森魚が新興宗教の教祖みたいになってく展開とかもおもしろそう。
個人的に好きだったのは土呂が森魚の部屋に盗聴器をしかけるシーンと、田宮と森魚と泉の三角関係をデバガメするシーン。真壁と一緒に悪趣味な楽しみかたをしながら、その真壁を笑っている感じが楽しい。

それにしてもほんと瀬戸くんがすごい、っていう舞台でした。劇中人物も観客もみんなが真壁に乗せられ真壁を信じさせられることで進んでいくストーリーなんですが、その真壁を演じ芝居を引っ張りつづける瀬戸くんの力。瀬戸くんの演技がリアルすぎて真壁の人物像は決して好きになれるようなものではないのに最後まで目が離せない。瀬戸くんは今の若手俳優でも本当に力のある役者だと思います。
瀬戸くんの芝居もっと見たいな~。

遠い夏のゴッホ

f:id:hmghsi:20170720233623j:plain

※ネタバレあります

7月20日、遠い夏のゴッホを見てきました。
西田シャトナーさんの演出作品、そして銀河劇場もはじめてということでわくわくして行ったんですが、とても楽しかったです。
装置も衣装も抽象性が高くてよかったです。センターにあるはしごが土の中から見た地上だったり、地上から見る木の上だったり何度もいろんなものとして使われていた。装置自体が動かせるようになってるのも大きな力にさからう小さな虫の抗いが見えるようでよかった。衣装は、昆虫や爬虫類両生類たちののそれぞれの特徴が抜き出されてデザインされてるのがよくわかりました。(セミが「胸で歌う」ためにベストを着てたりとか)衣装がそれぞれのキャラクターがとても魅力的でかわいいのをさらに引き立たせてましたね。同じセミでもベストの色がそれぞれちがったり、アリが軍服のようなデザインの服を着てたり、クワガタとカブトムシが同じ黒っぽい服でもシャツにジャケットとTシャツにベストで全然印象がちがったり。
あの舞台に人間が登場するとしたらどんな衣装が与えられるんですかね。なんて思ったり。2本足の巨大な化け物だもんね。
役者さんの演技もみんなエネルギッシュでよかった。それによって後半に出てくるダンディーなおじさま方のどっしりかまえた抑制のきいたセリフ回しもさらに際立ってたなあと思います。セリフ、動き、両方の面で求められてる水準が高くて、熱量をもって演じられてるのが伝わってきました。兼ね役も多かったし。ベアトリーチェただひとりが女の子の役者さんなのにその子まで兼ね役するの!?ってちょっとびっくりしましたが。

前半は「これもうどうなっちゃうんだ?」と思ってしまうくらいはちゃめちゃでしたね笑。話もあっちゃこっちゃするし視点もさだまらないし。でも、ラストに向かって話のすべてが収束していく。夏が終わって秋がきて生き物たちが死んでいく。そして言葉も少なくなって、話も抽象的になって、だからこそ核心的になる。終盤セリフもなく目線や手の動き、ライティングだけでぐっとひきこまれるシーンがあって、それがとてもよかった。(アムンゼンが死んでからのところ)
その後季節が巡ってまた夏がやってきて、一転序盤のように明るい展開が戻ってくる。それぞれ死んだり世代が下ったりしているのがまたぐっとくるんですよね。それで、ゴッホベアトリーチェがまた出会ってしあわせなキスをして閉幕。なのに、またそのキスが森の生き物たちの、地球に生きるあらゆる生き物たちの、愛する人とのキスにまで意味が拡大されるのが冗談みたいにすてきでした。そこの演出が序盤のギャグからつながってるのが粋ですよね。
個人的にはゴッホの夢の中にベアトリーチェが出てくるところが好きでした。「名前を忘れそうになったら大きく息を吸って自然に呼んで」と言うベアトリーチェ自身がゴッホの名前を忘れてしまう。これはゴッホ自身が自分の名前すら思い出せなくなっているからである。そしてゴッホは大きく息を吸って、それから小さな小さな声で大変な苦労をしながら自分の名前と愛する人の名前を思い出す。そこの安西くんの演技がとてもよかった。めっちゃ運動神経が良くて、声も通って、今回の舞台でもこれでもかというくらい動き回ってる安西くんがささやくような声で演技するのにぐっとひきこまれました。


2時間ちょっと休憩もなしのコンパクトな舞台でとてもよかったです。出てる子たちもみんな顔かわいいし。顔のかわいい若い男の子は最高!いやあとなんかトカゲとカマキリ、BLだったよね、、、
(まじめに感想書いてきてそこにたどりついてしまうのか……)

スロウハイツの神様

7月7日、スロウハイツの神様を見てきました。

今日の観劇が実は高校生以来のキャラメルボックスでした。だからかオープニングのダンスを見た瞬間、演劇部での活動に高校生活ほぼすべてを捧げていたことがなつかしく思い出されました。恥ずかしながら、わたしの入っていた演劇部はオープニングによく自分たちでふりをつけたダンスを入れていました。もちろん素人のものなので体のキレもないしいろいろ散々でした。それでもいっぱい時間をかけて曲を選びふりをつけてタイミングをそろえて、今そういう創造的な行為から離れてみるとなおさら楽しかったように感じます。
今回のスロウハイツの神様はそれこそまさに創造的な手段でもって世界と繋がる若いクリエイターたちの物語なわけです。

※ここから舞台の内容に触れます。
※わたしは原作は未読です。

柿喰う客の玉置玲央さんの出演にひかれとチケットを取りましたが、とても楽しい舞台で見にきてよかったです。若いクリエイターたちが夢を追いかけるというストーリー、交差する恋心、おかれた伏線の回収、そしていかにも“キャラメルっぽい”軽やかで陽気なギャグ。それを演じる演者の方々もすばらしくて見ていて気持ちよかったです。
特に人気小説家でスロウハイツの住人である千代田公輝、通称“コウちゃん”は誰もが好きになっちゃう(と同時にまちがいなくどうしようもなく情けない中年のおじさん)キャラクターでとても魅力的でした。コウちゃんかわいいんだよな~。後半のコウちゃんの天使ちゃんである環のために奔走するシーンは本当によかった。テレビを設置するシーン、サンタのコスプレでケーキを渡すシーン。そして劇中3回繰り返される環との握手。どれもが印象的で大好きです。あの握手の仕方にコウちゃんの人柄が現れてますよね。

そして環が莉々亜ちゃんに言い放つ「自分の力で世界と繋がれない卑怯者」という言葉(うろ覚えです。すみません)が非常に刺さりました。前置きで書いたように、わたしもかつて創造する立場だったんだよなあ、とそんなことがふと頭をよぎる芝居でした。学生のころからキャラメルボックスのファンだったという辻村深月さんの原作を成井さんが読んでおもしろいと思ったからこそ実現したのだと思うと本当に途方もないような心地になります。
まあそんなわたしの感傷とは関係なく本当に楽しい舞台でした。金曜日だったからか、仕事帰りのサラリーマンという感じの方も多くてキャラメルボックスの客層の広さを感じました。仕事帰りに芝居という2時間別世界の趣味をもてるってすばらしいことですね。


本筋よりもそれ以外のほうが長いようで恥ずかしいです。お目当てだった玉置さんはオープニングのダンスから超キレキレで身体能力の高い俳優さんが好きなわたしはメロメロでした!メガネかけたちょっと冴えない感じの演技も似合いますね、好き、、、

オペラ座の怪人


6月27日、オペラ座の怪人に行ってきました。

もはや説明不要の超名作ですが、わたしは映画も見たことがなくて今回はじめて見ました。
劇場入ってまず舞台装置がかっこいい!劇中の場面転換でも印象的に使われる幕がバトンが見えるくらいまで降りてるっていうのが象徴的でよかった。劇中劇であるオペラのところもそれぞれの演目に合わせて衣装や装置がつくりこまれていてさすがだなと思いました。マスカレードのシーンの半分タキシード半分ドレスになってる衣装すてきだったな~。
全編歌がたっぷりで満足感がすごかったです。特にタイトルそのままThe Phantom of the Operaがめちゃくちゃかっこよかった。クリスティーヌの手を引いて地下へ地下へと下っていくファントム、後ろを何度もふりかえるクリスティーヌ、ひとつのセットが高さを変えることでうみだされる終わりの見えない階段。そのあとのスモークとライティングでつくられた幻想的な湖も合わせてとても印象的。あそこでぐっとファントムの存在に引き込まれました。
あとラストでクリスティーヌがファントムにキスするシーン。あそこが一番胸にぐっときますね。うまれてから母にすら愛されなかったファントムは愛するひとからのたった一度のキスで満たされてしまう。その哀れさがたまらなく愛おしい。

というかファントムなんですよ。
オペラ座の怪人の魅力ってそのままファントムの魅力に尽きるんだな~と思います。ファントムって非道だけどかっこよくてかわいそうだからこそかわいい。

鏡に姿を現して、仮面だけを残して姿を消す。あらゆる場面に神出鬼没に現れふつうじゃありえないようなことをしでかす。ファントムの存在自体が夢と現実の狭間にあって儚い。
また、ファントムは見た目は醜くても才能あふれる建築家であり作曲家でもある。クリスティーヌを指導し、クリスティーヌからangel of musicとして慕われていたところからもそれがわかります。
ファントムの生い立ちは完全にかわいそうで、でもクリスティーヌを手に入れるために人殺しをするファントムは「姿は醜くても心はきれい」とは言い切れない。
あとシーンでいうとAll I Ask of Youでのラウルが「I love you」と歌うようにリプライズでファントムもまた同じ言葉をクリスティーヌに贈るところも好き。残酷な対比ですよね。
ファントムは矛盾した存在だからこそ魅力的なんだなあと思います。ラウルがひたすら猪突猛進な見た目通りの好青年だからこそファントムが際立つんですね。

ファントム好きだな~。ミュージカル界随一の萌えキャラだと思います。


ここまでAmazonprimeでダウンロードしたオペラ座の怪人のサントラ聞きながら書きました。Amazon便利だな~。(その落ちでいいのか?)

マリアの首

f:id:hmghsi:20170525220700j:plain


新国立劇場かさなる視点シリーズの第3段、最後の公演であるマリアの首を見てきました。

街角で客を待つ娼婦を値踏みする男の視線、街角で詩集を売る女を追う男の視線、そういう男の不躾で身勝手でリアルな視線でもって女を描き出す。そういう感じがしました。
長崎弁の独特な言葉の響きリズム、キリスト教的価値観、それらが舞台上でぶつかりあう熱量がすごかった。
たった4人の同士の忘れられない、忘れたくない憎しみ。憎しみを忘れないためにマリア像を奪おうとするひとびとを、それでも慈しむようにやさしいマリア様の声。一幕であげたような苦悶の声をあげながらそれでもマリア像の首を持ち上げようとする忍。鹿の祈り。
すべての終着点は見てる観客の心に託されたように感じました。

むずかしいなあ。むずかしい。

白蟻の巣のあの情熱的でうつくしくロマンチックで空虚な言葉。城塞の言葉と言葉のぶつかり合いのおもしろさ。最後を飾るマリアの首の詩的でありながら率直で突き刺すような言葉のするどさ。
それぞれの戯曲のもつ言葉の力というか、そういうのをすごい感じた企画でした。日本の戦後は日本にしかないし日本の言葉は日本にしかないんだなあ。

まとまりのないブログですね。

個人的には城塞がとてもおもしろくて楽しく見ました。言葉と言葉の殴りあいというか、言葉選びのおかしさというか。劇中劇でひとの心の城塞を破壊するその残酷さが、日本という国に対する痛烈な批判が、すごかった。会話劇でありながら言葉を失うラストも圧巻。


芸術劇場のRooTSもですが、こういう企画は本当に楽しいです。もっと見たい。

帝一の國(2回目)


原作未読の状態で1回目に行ったので原作読みおわってから2回目に行ってきました。
帝一の國は最高!

竹内涼真くん演じる大鷹弾が本当にかっこいい。まず光のあたりかたがちがう。帝一の國の映画自体が光の差し込みかたが独特だな~って印象があるんですが、大鷹弾はなんかもうむしろ大鷹弾自身が発光している気がする……。
菅田くんの立ち姿(あと鼻筋)はうつくしいし志尊くんはかわいいし野村くんのふりきりかたがすごいし千葉くんは破滅的に姫だし、わたしは間宮くんの顔が一番好きだし、とにかく出演者全員が全員なすべきことをなしてる感じが好きです。原作を読んでなるほどなあと思いましたが、兎丸先生の魅力的なキャラクター、全員をいかすストーリーがあってこそですね。帝一の國は最高。


カタルシスの連鎖(ここから先当然のように映画原作全編のネタバレを含みます)

帝一の國原作があってこそのこのおもしろい映画ができたんだなあと原作を読んだことで実感したんですが、なおもって映画としてのうまさみたいなのも確実にあるなあと思います。
なんかこの映画構成がうまくないですか?
幼少期ピアノを弾くことを否定されていた帝一が留置所で父親に対して「ただ誰もピアノを弾くことをとがめない世界をつくりたかった」「ピアノが弾きたいよ」と訴える。おさないころ自分をいじめていた菊馬とタイマンのケンカをする。弾に自ら会長の座をゆずった帝一が「僕はピアノが弾ければそれでいい」と言い弾の就任式の場でずっと弾きたかった自分の一番好きな曲を弾く。そして帝一が最も愛する曲は『マリオネット』=あやつり人形。帝一が不敵な笑みで「君たちのことだよ」と言い映画が終わる。
そのうえそのあとに流れるエンディング曲は『イト』で意図とあやつり人形の糸がかかっている。(わたしは最初idなのかなと思ってた。全然ちがかった)
会長戦とは別で帝一自身の物語が一本の線でつながっていて、それが後半怒濤のように展開していく。まさにカタルシスが連続、もしくは連鎖的に起こるんですよね。それが当然ですがめっちゃ気持ちいい。
全14巻の長期のマンガ連載ではできない物語の展開だと思います。2時間の映画だからできるし、きまる。
そういう意味で原作のおもしろさでストーリーを動かして、映画的構成で見せる帝一の國は本当によくできてたし気持ちのいい映画だったなあ。帝一の國は最高。


個人的に一番好きなのは弾くんが帝一の部屋のドアをけやぶるシーンです。マンガではよくあるシーンだけど実写であれを見ると思ってた以上にショッキングというかびっくりするような映像になっててめっちゃおもしろかった。


以上。
とにかくオタク女全員帝一の國を見てくれ~~~~!帝一の國は最高!

ガーディアンズオブギャラクシーリミックス

f:id:hmghsi:20170518021439j:plain

行ってきました、GotG2!
前作が大好きなので全然気負わずもうげらげら笑いに行ったんですが、期待を裏切らない楽しさでした。こういう小ネタ満載のノリ、いいよね。


以下全面的にネタバレ感想

ベビーグルート、かわいいよね。かわいい~。オープニングのベビーグルート目線の映像、ずるかった。あれ嫌いな人間いないでしょう。エンディングの反抗期グルートもかわいかった。グルートはかわいい。最高。
ロケット先輩、かわいい、、、ゴミパンダ先輩男前なんだもんなあ。ヨンドゥとのやりとりはぐっときました。自分の好きな大切な相手にこそ露悪的にふるまってしまう、そうだよね~、とうなずきまくり。一方で、相棒であり今回からは同時に保護者的立ち位置で接することも多いグルートに対してはこれは発揮されないですよね。悪態はつくけど。ここでグルートとロケットの一心同体っぷりに重ねて萌えました。このふたり最高なんだよなあ。世界にふたりぼっち……。

今回テーマは家族。クイルと実父、ヨンドゥとクイル、ガモーラとネビュラ、ドラックスと亡き家族たち。そしてガーディアンズ自身。
みんなそれぞれお尋ね者であり欠けたところのあるガーディアンズたちがお互いを罵りあいながら協力する様は本当にすてきだと思う。品行方正のスーパーヒーローになれなくても世界は救える仲間はできる、ってある意味で一番の救いじゃないですか?(グリーンホーネット見ましょう)

いやーヨンドゥの株をあんなにあげてくると思わなかった。前作ではクイルに対してはかなり虐待的意味合いで接してるかなーと。とはいえ愛はあったのよ、さらった理由はあったのよ、と言われたらそうなんだ~と素直に感じました。それにしてもヨンドゥの武器ってあんなにかっこよかったっけ???って思っちゃった。ヨンドゥの殺戮シーンはもともといちおうラヴェジャーズの仲間だったじゃん!っていうのを抜きにしても(抜きにしていいのか?)めっちゃかっこよくてしびれました。
クイルと実父のキャッチボールシーンは正直いいシーンでしたね笑。人間とまったくちがう行動原理倫理観で生きる生命体萌えなので父と子の衝突というより、エゴ対他宇宙的な、生きるニッチの奪い合い的な感じの戦闘になってたのは個人的によかったかなあ。


ドラックスのハラスメント的発言Twitterで話題になってましたね。荒れそうなので思うところある方は読まないでください。
わたしもまあん?とならないではなかったです。しつこいなとは感じた。でもドラックスのマンティスへの接し方、完全に庇護すべき対象へのそれでしたよね。ドラックスは自分の妻と子供を亡くしているわけで、ひとりっぼちで生きてきた純真無垢なマンティスに自分の子供を重ねている。それで悪意をもって発言してるわけでは決してないよな、と感じたので個人的にはそこまで気にならず。いや別に悪意がないからといってハラスメントを許容はしませんが。
というか、やっぱりあれってドラックスマジ空気読めねえ!価値観おかしい!っていう話なのでは?まあ単純にドラックスの種族と現代に生きる人類我々は美的感覚があわないのだろうし。ぶっちゃけこれマンティスが黒髪黒目で東洋人系の顔立ちだから問題にされてるわけですよね。金髪碧眼のそれこそデビッキ様みたいな方がぶす!って言われてたらもっと素直にギャグとして受け取ってるひとが多かったんじゃないかなーとどうしても思ってしまう。マンティス素直にかわいいんだしかわいい子に対してぶす!って言ってるドラックス変なのでいいんじゃないか、、、
っていうか、なんか、自分の子供と重ねるだとか、細っこいのに大丈夫かって言うだとか、マンティスに対してそういう心配の仕方をするドラックスがマンティスを性的に見ることは絶対ありえねえ~!って公式が線引きしてくれてるようにも感じた。そういう配慮だったのかな、とか。マンティスは見た目的には成人女性だけど、精神はおさなくて幼児に近いわけだし。(わたしは保護者ムーヴを繰り返してた人間が自分よりも年下の庇護すべき対象に性欲を見せてくるのが何よりも嫌)まあ別にだからって執拗にぶす!って言う意味もないんだけど。
なんか書いててめんどくさくなってきた。ここを許容できてもできなくてもGotG2はおもしろく見れるんじゃないかな~と個人的には思う。


気になったのはこのへんでした。まあとりえずほんとにおもしろくて楽しかったです!カメオ出演ごうかすぎる!アクションが見てて気持ちいいくらいかっこいい!げらげら笑える!ガーディアンズ大好き!